MENU

タマゴサミンに含まれる成分について

タマゴサミンには、加齢にともなってどうしても減少していってしまうヒアルロン酸などを補う成分が配合されています。最も特筆すべき成分はiHAと呼ばれるもので、これは軟骨が持つ骨同士のクッション機能がきちんと働くように、ヒアルロン酸の働きを手助けします。専門の研究機関によって開発された成分で、タマゴから発見されました。バイオ技術を用いることによって、タマゴの卵黄からiHAのみを抽出し配合されています。また、タマゴサミンには軟骨をつくる成分となるグルコサミンやコンドロイチンも含まれています。配合されているグルコサミンの種類は、その組成が通常のグルコサミンの三倍の力で体を補助することができ、軟骨のクッション機能を保つために働きます。またコンドロイチンも濃縮して配合することで、一日に飲まなければならない粒の量を減らし、その効果を損なわないように作られました。そのほか、タマゴサミンにはU型コラーゲンという成分が含まれています。これは、軟骨の20%程度を占める成分で、体をきちんと動かすためには必須の要素です。しかし、このコラーゲンも年齢とともに体内での生成量が減っていってしまうので、体の外からサプリメントなどの形で摂取していく必要があります。タマゴサミンは、今までのサプリメントのように軟骨を形成するグルコサミンなどの成分だけではなく、その働きを手助けするiHAなどを配合することでより高い効果を実現しています。

タマゴサミンを買うなら今!

2ヶ月分が3,694円!
(※初回限定!今だけのキャンペーン価格です)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓